学校ウォーカー

2016年02月26日

香川県立小豆島高等学校・応援団 (2/25 O.A.)

resize2257.jpg
フェリーに乗って、小豆島へ
フィーチャーするのは運動部、文化部共に活躍している小豆島高校。
来年度いっぱいで土庄高校と統合することが決まっています。




resize2258.jpg
統合を前に、全国に「小豆島高校」の名を残したい。
また、生徒・地域の人々を勇気づけたいとの思いから3年前の夏、応援団が常設化。
野球部、サッカー部、陸上部の応援や地域のイベントにも参加しています。
特に今年度は初めて県外遠征(陸上部 女子駅伝の全国大会出場)
小豆島オリーブマラソンの開会式でのエールなど活躍の場を広げています。





resize2259.jpg
夏以降、1・2年生 リーダー、チア合わせ16名で活動していましたが、
野球部の選抜大会出場を受け、追加募集したところ52名に
卒業を控える3年生も「ぜひやりたい!」と入団してくれたそう。




resize2269.jpg

resize2268.jpg
2/11に、香川県教育会館ミューズホールで開催された「第4回香川県高等学校応援フェスティバル」では、
チアダンス、小高マグマ、オリーブ音頭、鯉の滝登りなどを披露しました





resize2260.jpg

resize2261.jpg

resize2262.jpg
メンバーの殆どが他の部との兼部。
そのため昼休みなどを使って集中して練習しています。
この日も部活前に集まってもらい、「不死鳥の如く」「校歌」を披露してもらいました




resize2263.jpg
メンバーを代表して、こちらの4人にインタビュー!
團長 高木駿弥くん、リーダー長 中川晴輝くん、主務 八木紗映さん、副團長 坂本季映さん。
高木くんと中川くんは昨夏−部、八木さんはギター部、坂本さんは茶道部・家政部に所属。

自分にとって応援とは?
高木くん⇒「力」 選手に送る力、選手にもらう力、お互いに力を与え合って勝利を目指す
中川くん⇒「気合い」 応援団に入って声も大きくなりました
八木さん⇒「高校生活の源」 応援団に入ってなかったら、ここまで学校楽しくなかった
坂本さん⇒「結ぶもの」 たくさんの人と出会えたのも応援のおかげ





resize2264.jpg
高木くんが好きな応援は、「不死鳥の如く」。
生徒・観客全員が大きな声を出してメガホン振る一体感は、どこにも負けない
後半になってくると不死鳥3連発などがあってキツイけど、
そんな自分との勝負も好きな瞬間です。

中川くんは、甲子園で小高 応援団名物の「鯉の滝登り」に挑戦
スタンド席の1番下から1番上まで駆け上がります
調べたところ・・・甲子園のアルプス席の最上段は「63段」。
県大会などが行われるレクザムスタジアムの倍以上の段数(笑)
気合いで成功させます

ちなみに。。。応援団に入ってモテるようになった?
高木くん⇒ないです。(即答) 
中川くん⇒え゛ (マイクで拾えない位の小さな声で)






resize2265.jpg
野球が大好きで、少しでも野球部の力になりたいと応援団に入った八木さん。
大会では試合の最後、相手高校とエール交換をします。
団長に合わせて、応援にきているスタンドの生徒全員で5秒間揃って礼をする姿が、
泣けてくるほどイイんです!!!

坂本さんは、昨年秋の大会 決勝戦。校歌を歌う際、副團長として指揮を振りました。
スタンドから届く声に圧倒され、大興奮
応援の力ってすごい!と改めて感じました。
人数が少ない高校だけど、いざという時の団結力はスゴイんです

チアで大切なのは「笑顔」。
小高 応援団のベストスマイル賞は?
坂本さん⇒ダントツで八木さん!本当に楽しそうに踊るので、憧れの存在です
八木さん⇒いやぁもぅ・・・大袈裟です(笑)





resize2266.jpg
これから甲子園に向けて、レパートリーを増やしていきます
声ももっと出るように、動きはキレッキレに
また、一般のお客さんも巻き込んだ応援が出来るように、色々高めていきたいです。
苦しい時こそ応援団を見て
前を向いて、全力で応援します

posted by ニジュウマルな放課後X at 18:46 | Comment(0) | 学校ウォーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お知らせ

2016年02月19日

次回のニジュウマルは。。。

2月ラストのニジュウマルは。。。

【学校ウォーカー】
香川県立小豆島高等学校 応援団


【アーティストコメント】
go!go!vanillas が登場。

posted by ニジュウマルな放課後X at 20:00 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お知らせ

香川県立高松工芸高等学校・Creative7(2/18 O.A.)

resize2237.jpg
先週に続いて、高松工芸をぶらり。
フィーチャーするのは『Creative7』
高松工芸には、工芸科、デザイン科、機械科、工業化学科、建築科、
電気科、美術科という7つの専門学科があります。

今年度から香川県の特産である「漆芸」を広くPRするため、
7科が共同で行うプロジェクト『Creative7』がスタートしました

その第1期生は約10名。工芸科の1年生が主体となって活動しています。




resize2238.jpg
1年 工芸科 インテリアコース 鍋島香瑠さんは、子供の頃からものづくりが大好き。
中学の頃、工芸展を見に来た際、すごい作品ばかりで感動
木の作品にヤスリをかけてツルッツルにするのが好き

インテリアコースで学ぶようになってから、雑貨屋さんで木のキーホルダーを見つけて
かわいいなーと思って手にとると…ヤスリがかけられていなくてザラッザラ。
「これ、いかんな。自分で作ろ。」と思うようになったそう(笑)





resize2239.jpg
1年 工芸科 漆芸コース 大西瑠菜さんは、お姉さんが工芸に通っていたため、
小学生の時、工芸展を訪れました。その時に見た漆器の美しさに一目惚れ
それからずーっと、工芸で漆芸の勉強するんだ!と思い続けていたそう。
とにかく「漆」への思い、惚れっぷりがハンパない大西さん。

岡「漆が彼氏だったらいいのにね…」
大西さん「私、めっちゃいい彼女になれると思います(笑)」






resize2240.jpg
1年 工芸科 漆芸コース 山川藍さんは、中3の時に、高松工芸の体験学習に参加。
香川漆芸の技法の1つ「蒟醤(きんま)」を用い、人生初の漆作品づくりをしました。
その作品は、今も冷蔵庫に貼って大切に使っています。

何度も何度も漆を塗り重ねたり、ヤスリをかけたりと手間がかかりますが、
どっぷり愛情込めて作っているので完成した時は、
「おおー!!!我が子よー!!!!!」と感動(笑)
自分が褒められるより、我が子(作品)が褒められた方が嬉しい




resize2241.jpg
『Creative7』では、香川漆芸をもっと身近に感じてもらおうと、
生活に溶け込んだ、普段使い出来る商品を制作しています。




resize2242.jpg
こちらは・・・漆芸の仕上げ。コンパウンドをかけて、手の平でクルクルと磨いて、
細かい傷をなくし、ぴっかぴかに仕上げます





resize2243.jpg
おおっ!蛍光灯が映るほど、ぴっかぴかに仕上がりました。
しかし、これは何なのかしら・・・。





resize2244.jpg
名刺入れでしたー!
2014年のデザイン科3年生が課題研究で考案した「漆の妖精」のキャラクター。
香川漆芸の5つの技法が、ゆるキャラになっています。かわいい




resize2245.jpg
仕上げの後の手は、真っ黒
漆を扱っていると、爪と指の間も黒くなってしまうのだとか。
相当、頑張ったら黒いのはとれるのはとれるらしいけど、
山川さんは最近、爪が黒くないと不安になるそうです(笑)




resize2246.jpg
こちらは、iphoneケース。
デザインも生徒達が考えています。





resize2247.jpg
もしもし〜





resize2248.jpg
もしもし〜




resize2249.jpg
あ、いた(笑)
2人のiphoneケースは「後藤塗」で作った自慢の逸品。





resize2250.jpg
2/8〜14には、東京・新橋にある香川・愛媛のアンテナショップ「せとうち旬彩館」で、
作品展示やオリジナルグッズの販売を行いました。
また、香川漆器の良さを体感してもらおうと、2階にあるレストランで、
この生徒達が作った漆のうどんばちとお箸で、実際にお客さんにうどんを食べてもらいました。




resize2251.jpg
こんな使い方も。
よい子はマネしないように(笑)





resize2252.jpg
おしゃれな「一輪挿し」。
こちらにも漆が使われています。





resize2253.jpg
こちらは、「さぬき弁 木札ストラップ」。
「まんでがん」、「どくれる」、「ずんやり」、「がいに」、「うまげな」、「じょんならん」など
お馴染み(ティーンは使わない?)讃岐弁がラインナップ。
お土産にぴったりだね





resize2254.jpg
香川漆芸の未来は、私達が明るくします

磨き上げた漆器のように、ぴっかぴかに光っています
『Creative7』は、来年度から部活動になる予定。
商品作り、ワークショップ以外にも、色んな漆のプロジェクトがスタートします
今後も彼女達の活動から目が離せません

詳しくは、『Creative7』のホームページをチェック
posted by ニジュウマルな放課後X at 19:55 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニジュウマルな放課後X

常にモンモンメッセージ受付中!

FM香川「ニジュウマルな放課後X」係
MAIL20@fmkagawa.co.jp  FAX : 087-837-7870
ニジュウマルな放課後XでしかもらえないFM香川のキャラクターラジ男の缶バッチをプレゼントします。これ持っているとモッテモテだから!!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。